メルマガの配信元アドレスが変更となりました

MUJINがコーナン商事の川崎拠点で「混載デパレ」ロボット稼働開始

MUJINがコーナン商事の川崎拠点で「混載デパレ」ロボット稼働開始

事前に動作教える「ティーチング」不要、最適な速度で安定して荷降ろし

MUJINは12月15日、ホームセンター大手のコーナン商事が川崎市に構えている物流拠点「川崎ベイ流通センター」で、MUJINの技術を活用した、異なる種類の商品をパレットから降ろす「混載デパレタイズロボット」の稼働を開始したと発表した。

MUJINの「モーションプランニングAI(人工知能)」を導入することで、ロボットにプログラミングで事前に動作を教える「ティーチング」をせずにロボットをスムーズに動かせるようになる。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

混載デパレタイズロボットを使うことで、形や大きさが多様なケースでも最適なスピードで安定して荷降ろしを続けられると見込む。

同センターはラサール不動産投資顧問と三菱地所、NIPPOが共同開発し、2019年に完成した大型物流施設「ロジポート川崎ベイ」内に設けている。


混載デパレタイズロボット(MUJINプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事