メルマガの配信元アドレスが変更となりました

レンゴー、ベトナムの段ボール・紙器メーカーを買収

レンゴー、ベトナムの段ボール・紙器メーカーを買収

東南アジアで生産体制強化

レンゴーは12月23日、タイの合弁会社を通じ、ベトナムの段ボール・紙器メーカー、ビエンホア・パッケージングを買収したと発表した。株式の94・11%を取得した。買収額は100億円弱とみられる。

ビエンホアはホーチミン近郊で段ボール工場を2拠点、紙器工場を1拠点展開している。レンゴーは2010年に同じくタイの合弁会社を介して段ボールメーカーのニューアジア・インダストリーをM&Aした。ビエンホアを傘下に収めたことで、レンゴーグループとしての段ボール工場は6拠点、紙器工場は2拠点に増えた。

経済成長が続くベトナムなど東南アジアでは今後も段ボールや紙器の需要が見込めると判断、生産体制を強化する。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事