メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アルフレッサ、国内の物流センター3カ所に超低温保管・輸送設備を導入

アルフレッサ、国内の物流センター3カ所に超低温保管・輸送設備を導入

再生医療等製品の安全管理図る

アルフレッサホールディングスは1月27日、傘下のアルフレッサが国内の主要な物流センター3カ所に、再生医療などの製品に対応した超低温保管・輸送設備の「再生医療等製品保管庫」を導入したと発表した。

再生医療等製品はサプライチェーン全体で超低温の環境維持やトレーサビリティー確保など通常の医薬品より厳格な管理体制が必須となっているのに対応する。保管庫はマイナス150度対応の液体窒素を用いた貯蔵タンク、マイナス80度対応の超低温フリーザー、入出庫・在庫管理用システムなどの標準化した設備を取り入れている。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

導入したのは「埼玉センター」(埼玉県新座市)、「愛知物流センター」(愛知県一宮市)、「大阪物流センター」(大阪市北区)。アルフレッサは再生医療等製品の保管・輸送拠点として、2018年8月に「殿町再生医療流通ステーション」(川崎市)、20年10月に「神戸再生医療流通ステーション」(神戸市)を設置している。物流センター3カ所に保管庫を設けることで、再生医療等製品の保管・輸送の安全性を高める。

後はアルフレッサグループの他の医療用医薬品等卸売事業会社も含め、21年度内に6カ所の主要な物流センターに同様の設備を設置する予定。


液体窒素を用いた貯蔵タンク

超低温フリーザー(いずれもアルフレッサHD提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事