メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本通運が21年3月期予想の連結営業利益720億円、純利益530億円に上方修正

日本通運が21年3月期予想の連結営業利益720億円、純利益530億円に上方修正

国際貨物の輸送需要伸長、経費抑制も想定以上に奏功

日本通運は1月29日、2021年3月期の連結業績予想を修正した。

売上高は昨年10月に開示した2兆円から2兆500億円、営業利益は550億円から720億円、経常利益は590億円から760億円、純利益は400億円から530億円にそれぞれ引き上げた。前期(20年3月期)から増益となり、売上高もほぼ同水準を達成できると見込む。

国際貨物の輸送需要が伸びたほか、経費抑制が想定以上に奏功したことも追い風となった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関しては、21年3月期末まで縮小しながらも継続するとの基本的な見解を変更していない。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事