メルマガの配信元アドレスが変更となりました

米アマゾンがドライバーへのチップ無断天引き、当局と約65億円で和解

米アマゾンがドライバーへのチップ無断天引き、当局と約65億円で和解

公約額から時給下げた分の補填に使用

米連邦取引委員会(FTC)は2月2日、米アマゾン・ドット・コムが同社の商品配達を個人事業主に委託する「アマゾンフレックス」を請け負っているドライバーに支払うべきチップから、2年半にわたって無断で天引きしていた問題に関し、同社と和解が成立したと発表した。

FTCがアマゾンと傘下のアマゾンロジスティクスを提訴していた。和解に伴い、アマゾンは和解金約6171万ドル(約64億8000万円)を支払う。FTCは和解金の全額をドライバーへの補償に充てる。

FTCによれば、アマゾンとアマゾンロジスティクスは、同サービスを担うドライバーに配送業務の対価として1時間当たり18~25ドル(約1900~2600円)を支払うとともに、配送時に得られたチップは全額ドライバーが受け取ることができると説明。荷物を受け取る側にもその旨を伝えていた。FTCは言及していないが、チップはいったんアマゾンが預かる形になっていたとみられる。

しかし、アマゾンは2016年後半以降、公約していた金額から時給を下げた分を補填するため、チップの一部を使っていた上、そのことをドライバーに伝えていなかったという。同社は19年、通知した時給の額とチップの全てをドライバーに支払う方式に戻している。

FTCは和解に際し、アマゾンにチップの受取額をドライバーと書面で合意せずに無断で行ったり、時給やチップに関して虚偽の説明をしたりすることを禁じた。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事