メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ANA、21年度は貨物専用機の運航を成田に集約

ANA、21年度は貨物専用機の運航を成田に集約

チャーター便・臨時便を機動的に設定、新路線就航も検討

全日本空輸(ANA)は2月5日、2021年度の貨物便輸送事業計画を公表した。

貨物専用機の運航便を成田空港に集約し、機材効率を高めるとともに、日本発着の輸送需要に加えて成田経由のアジア・中国・欧米間の輸送需要を積極的に取り込み、収益向上につなげていく。

11機の貨物専用機は引き続き最大限に活用。同時に、チャーター便・臨時便も機動的に設定する。現在運航していない地点・路線への就航も検討する。旅客機を機動的に貨物専用便へ設定する方向性も打ち出した。

沖縄の那覇空港を起点として、アジア主要都市との間で航空貨物輸送網を展開する「沖縄貨物ハブネットワーク」については、既に公表した通り、旅客便スペースを用いたモデルへ移行していく方針をあらためて示した。


大型貨物専用機ボーイング777型(ANAプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

計画の詳細はコチラから(ANAプレスリリース)

経営/業界動向カテゴリの最新記事