メルマガの配信元アドレスが変更となりました

サントリーとユニ・チャーム、鉄道コンテナで商品を共同輸送へ

サントリーとユニ・チャーム、鉄道コンテナで商品を共同輸送へ

静岡~福岡間で週1回混載、CO2排出を年間2トン削減見込む

サントリーホールディングス(HD)は2月10日、傘下でグループ全体の研究・開発・生産などを手掛けるサントリーMONOZUKURIエキスパートとユニ・チャームが、商品の共同物流を今月中旬から本格的に稼働させると発表した。

静岡~福岡間の鉄道コンテナによる商品輸送の一部を共同で実施。静岡の出荷拠点から配送するサントリーの飲料全般と、静岡で生産しているユニ・チャームの衛生用品を同一の鉄道コンテナに混載。福岡の各物流センターに届ける。重量荷物の飲料と軽量荷物の衛生用品を組み合わせて積載効率を高める。

年間を通じて双方の物流量のピークが異なる点などを生かし、共同輸送にこぎ着けた。週1回の共同輸送を通じ、物流時のCO2排出量を両社合計で年間約2トン削減できると見込む。

サントリーグループは2050年までに温室効果ガス排出の実質ゼロを目指し、さまざまな取り組みを推進。物流も日清食品と北海道帯広エリアで共同配送を展開したり、他の企業と組んで原材料の輸入用コンテナを効率的に利用するコンテナラウンドユースを手掛けたり、ビール4社でモーダルシフトを進めたりしている。


コンテナ混載のイメージ(サントリーHD提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事