メルマガの配信元アドレスが変更となりました

Rapyuta Robotics、UPSサプライチェーン・ジャパンとAMR導入で覚書締結

Rapyuta Robotics、UPSサプライチェーン・ジャパンとAMR導入で覚書締結

シミュレーターで機体生産性分析など開始、21年度に実現目指す

Rapyuta Roboticsは3月2日、UPSサプライチェーン・ジャパンと物流倉庫向けの協働型ピッキング支援ロボット(AMR)導入に関する覚書を締結したと発表した。

UPSサプライチェーン・ジャパンは2021年度に導入する方向で本格的に検討を開始。第一歩として、Rapyuta Roboticsが提供するシミュレーターに、導入候補先の出荷情報、商品情報、レイアウト図などを入力し、AMRを導入する際の動線や期待生産性を分析する作業をスタートした。両社は今後、日本初の活用事例構築を目指し、連携を進める。

AMRは走行ルートの自由度が高く、動きのパターンが多くなるため生産性予測の難易度が高い。Rapyuta Roboticsのシミュレーターは、実際のAMRに搭載されているものと同じソフトウエアを使い、人の動きも含めて現場を再現することで、稼働するロボットの台数と協働するスタッフの人数に応じた期待生産性の試算や、想定されるオーダーに対して出荷期限までにピッキング作業を完了出来るかを詳細に検証できるという。

併せて、特定の要素を変えてシナリオ分析を行うことで、レイアウト(棚の配置や通路幅など)や棚割りの変更を行うとどの程度生産性が改善するかを見積もったり、作業のボトルネックがどこに存在するのかを突き止めたりできるのも特徴。


覚書を締結した両社(以下、いずれもRapyuta Robotics提供)


シミュレーター活用の様子

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事