メルマガの配信元アドレスが変更となりました

上組、東京港中央防波堤内側埋立地で全館定温可能な新倉庫建設

上組、東京港中央防波堤内側埋立地で全館定温可能な新倉庫建設

2・5万平方メートル、22年4月竣工見込む

上組は3月4日、東京都江東区海の森の東京港中央防波堤内側埋立地で、全館0~20度の定温空調設備を導入した新倉庫「上組東京多目的物流センター新倉庫(仮称)」を開発すると発表した。

地上5階建ての鉄筋コンクリート造で、延べ床面積は2万4828平方メートルを計画。既存のセンターに併設し、竣工は2022年4月を見込む。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

垂直搬送機6基と貨物用エレベーター1基を採用。屋上には自家発電用の太陽光パネルを配置する予定。

同地区で輸入青果物や穀物、食品などの定温貨物の取り扱いが増えており、今後も需要が見込まれるため、新倉庫で対応を強化する。


新倉庫の完成イメージ(上組プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事