画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ネットスーパー立ち上げ支援の10Xと東北地盤の薬王堂、ネット注文商品を店舗でドライブスルー受け取り可能に

ネットスーパー立ち上げ支援の10Xと東北地盤の薬王堂、ネット注文商品を店舗でドライブスルー受け取り可能に

ドラッグストアのDX推進、人口減少の地方で買い物手段確保狙い

インターネットスーパー立ち上げ支援を手掛けるスタートアップ企業の10X(テンエックス、東京都中央区東日本橋)と東北6県で小商圏のドラッグストアチェーンを展開している薬王堂ホールディングス傘下の薬王堂は3月15日、ドラッグストアのDX(デジタルトランスフォーメーション)を共同で推進すると発表した。

10XのEC支援アプリ「Stailer(ステイラー)」の技術を活用し、第1弾として同日、薬王堂の食品や日用品など商品をスマートフォンで注文すれば店頭のレジでの受け取りか、店舗駐車場での車上受け取り(ドライブスルー受け取り)のいずれかを選択、受け取りの時間や場所などを指定することが可能なアプリ「Pick and(ピックアンド)」の提供を始める。ドラッグストアがステイラーを活用するのは初めて。

3月から岩手県内の4店舗でスタートし、2021年中にも全店舗へ広げたい考え。受け取りサービス利用には1つの注文当たり税込み220円が別途必要。22年以降、購入者の自宅までの配送や事業所での受け取りもできるようにすることを視野に入れている。当初は医薬品に関しては店舗受け取りのみとなる。

高齢化や人口減少が続く東北地方では今後スーパーやドラッグストアの撤退が懸念されるため、地域住民がネットや先進技術を生かして買い物を持続できるよう両社で連携、地域振興への貢献を目指す。

薬王堂は併せて、10Xが手掛けている店舗スタッフ向けの業務支援アプリを初めて導入することも決めた。スタッフが普段使いなれているスマートフォンにアプリを取り入れ、「Pick and」から注文を受けた商品を店舗でそろえ、来店した顧客に商品を受け渡し、在庫・商品情報の管理といった一連のオペレーションを迅速に行えるようになると見込む。


アプリ利用のイメージ(以下、いずれも10X提供)


ドライブスルー受け取りのイメージ

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事