パイオニアのクラウド型運行管理サービスが「docomap Eye」に採用

パイオニアのクラウド型運行管理サービスが「docomap Eye」に採用

「ビークルアシスト」の機能を組み合わせて事故削減を推進

パイオニアは4月22日、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」がドコマップジャパンの車両位置情報管理サービス「docomap Eye」に採用されたと発表した。

自動日報作成機能、カーナビやスマートフォンを活用した訪問先指示など行う「ビークルアシスト」の機能と運送業向けに特化した「docomap Eye」のソリューションを融合。リアルタイムな配送車両の位置や状況把握、各車両の危険運転などの走行状況を録画した映像確認によって事故削減と安全運転の推進を図る。

「docomap Eye」はGPSで捕捉した配送車両の位置情報を同社サーバーに集約し、国内全域で空車になっている配送車両の位置をリアルタイムでマップ上に表示するクラウドサービス。物流の需要と供給を媒介することで約30%といわれている運送業界における平均空車率の低減を目指している。


通信ドライブレコーダー「TMX-DM02-VA」(パイオニアニュースリリースより)


配送車両の位置・状況把握や、ドライブレコーダーで撮影した映像確認が可能(パイオニアニュースリリースより)

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事