メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【独自取材】自動フォークリフトで画像認識など先進技術アピール

【独自取材】自動フォークリフトで画像認識など先進技術アピール

国際物流総合展現場コンパクトルポ(その1)

3月9~12日に愛知県常滑市で開かれたアジア最大級の物流に関する展示会「国際物流総合展2021」では、物流業務の省力化・効率化に向け注目度が高まっているAGV(自動搬送ロボット)などの物流ロボットの一環として、さまざまなAGF(自動フォークリフト)が登場した。移動速度などの面でまだ有人フォークリフトの後塵を拝しているとのイメージを払拭しようと、画像認識など先進技術を積極的にアピールしていた。

「有人機種並みのスピード感達成」

初参加となった中国・深圳のスタートアップ企業VisionNav Robotics(ビジョンナビロボティクス)は、最新のセンサーとレーザーを搭載したAGFを公開。床にガイドテープや磁石を敷設する必要がなく、倉庫の壁や柱に貼ったQRコードをフォークリフト上部のカメラがとらえて走行する仕組み。導入時のハードルを下げられると見込む。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

何も荷物を持たない状態で秒速1・5メートル、満載の場合で1・3メートルのスピードを確保。同社は「有人フォーク並みのスピード感を達成できる」と強調している。会場では2段に重なっているパレットを1つずつ確実に積み下ろす作業などのデモを実施した。

同社によると、AGFの累計販売台数は中国を中心にネスレやウォルマート、DHLなど約200台に上っている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で準備作業が遅れているものの、2021年中をめどに日本で現地法人を開設、日本市場へ積極的にPRしていく方針だ。


ビジョンナビロボティクスのAGF

産業用車両のメンテナンス事業などを手掛けているマイティーカーサービス(東京都千代田区岩本町)は、代理店契約を結んだオーストラリアのアギロックス製「AGILOX(アギロックス)ONE」を出展。複数のAGFがAI(人工知能)を生かして相互に通信し合い、状況を踏まえて最適な動きをする「群知能」を打ち出しているのが特徴だ。

集中制御システムは不要で、倉庫や工場内を自律移動。高効率な充電などもアピールポイントにしており、マイティー社は運用コストを低減できると強調している。80社以上の導入実績を持つという。

ハイテク製品の輸入販売を担うテクトレ(横浜市中区)は、中国のStandard Robots(スタンダードロボット)のロボットを発表。この中で、スリムな自律走行型フォークリフト「GULF(ガルフ)」をお披露目した。本体重量は700キログラムに抑える一方、可搬重量は1・4トンを確保。360度回転などの標準的な機能を持たせている。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO


AGVなどと並ぶGULF(右端、テクトレウェブサイトより引用)

(川本真希、藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事