LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

日立物流が映像検品装置で特許取得

日立物流が映像検品装置で特許取得

台車の全体画像から個別商品を認識

 日立物流は11月16日、日立物流ソフトウェアと共同でバーコードラベルの読み取りを高速処理する「映像検品認識装置」の特許を取得したと発表した。

 台車上の複数商品を一括・高精度に検品できる技術で、物流センターの作業効率化や省人化が図れるとしている。これに併せてグループの物流拠点で実装している映像検品システムの概要も公開した。

 さまざまな商品が積まれた台車の全体画像から個別商品のラベル情報を読み取り、ここからさらにバーコード部分だけを高精度に認識。検品結果はシステムモニターに即表示され高速・正確な検品作業を実現する。仕様は顧客の商品やニーズに合わせたオーダーメードで対応していく。

(鳥羽俊一)


映像検品システムイメージ(日立物流ニュースリリースより)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日立物流カテゴリの最新記事