メルマガの配信元アドレスが変更となりました

近鉄、特急列車で貨客混載サービス開始を検討

近鉄、特急列車で貨客混載サービス開始を検討

年内めど、福通と連携し名古屋~大阪間の「アーバンライナー」活用へ

近畿日本鉄道が福山通運と連携し、2021年中をめどに特急列車の車両で貨物を輸送する貨客混載サービスを始める方向で準備を進めていることが分かった。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で旅客需要が激減、鉄道事業の経営環境が厳しいため、新たな収益源の確立を模索する。

名古屋~大阪間を走る「アーバンライナー」で、既に取りやめている車内販売の商品保管場所を生かし、工業製品や衣料品などを運ぶことを検討しているもようだ。荷物の集荷や配送の部分は福山通運が手掛けるとみられる。

既に佐川急便がJR北海道やJR九州とそれぞれ新幹線を使った荷物輸送の本格展開を目指すなど、貨客混載の動きが広がっている。コロナ禍で旅客需要が本格的に回復する時期が見通しにくいだけに、鉄道各社による貨客混載検討の動きはさらに拡大しそうだ。

(藤原秀行)※写真はイメージ

その他カテゴリの最新記事