メルマガの配信元アドレスが変更となりました

伊藤忠グループ、中部初のマルチテナント型物流施設を愛知・春日井で開発へ

伊藤忠グループ、中部初のマルチテナント型物流施設を愛知・春日井で開発へ

埼玉・加須でも計画発表

伊藤忠都市開発は4月14日、親会社の伊藤忠商事と共同で、埼玉県加須市と愛知県春日井市の計2カ所で物流施設「(仮称)アイミッションズパーク加須」、「(仮称)アイミッションズパーク春日井」をそれぞれ開発すると発表した。

(仮称)アイミッションズパーク加須
東北自動車道「加須IC」から約2.5キロメートルに位置し、東北自動車道、圏央道の2つの高速道路網を利用して、東日本全域への広域配送が可能な物流適地。
豊野台テクノタウン工業団地内に位置しており、周辺は物流施設や工場が立ち並び、24時間稼働が可能。
徒歩圏内にバス停もあり、通勤利便性が高く、雇用確保の面でも優位性のある立地。
2022年10月の竣工予定。

名称 (仮称)アイミッションズパーク加須
所在地 埼玉県加須市豊野台一丁目563-5
交通 東北自動車道「加須IC」から約2.5km
敷地面積 約7,292.92平方メートル(2,206.10坪)
延床面積 約11,055.60平方メートル(3,344.32坪)(予定)
建物構造 鉄骨造地上3階建(予定)
着工 2021年10月(予定)
竣工 2022年10月(予定)

(仮称)アイミッションズパーク春日井
東名高速道路の春日井ICから約5キロメートル。主要幹線道路(国道19号線)を利用した名古屋中心部へのアクセス利便性も良いため、広域配送拠点及び名古屋市内への配送拠点として好立地。
近接する小牧エリアは、中部最大の物流集積地となっている一方、当該地の周辺は住宅を含む市街地のため、雇用確保でも優位性が期待される。
同社では中部エリア初のマルチテナント型物流施設として、23年3月の竣工予定。

名称 (仮称)アイミッションズパーク春日井
所在地 愛知県春日井市六軒屋町西三丁目3
交通 東名高速道路「春日井IC」から約5km
敷地面積 約7,114.94平方メートル(2,152.27坪)
延床面積 約14,496.00平方メートル(4,385.04坪)(予定)
建物構造 鉄骨造地上4階建(予定)
着工 2022年3月(予定)
竣工 2023年3月(予定)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事