メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】日野自動車、初のラストワンマイル配送向け小型EVトラック開発

【動画】日野自動車、初のラストワンマイル配送向け小型EVトラック開発

「超低床」のウォークスルーで使いやすさ確保、22年初夏に市場投入へ

日野自動車は4月15日、物流のラストワンマイル配送向けに、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EV(電気自動車)トラック「日野デュトロ Z(ズィー)EV」を開発したと発表した。

2022年初夏に市場投入する予定。同社がEVトラックを発売するのは初めて。主に市街地での宅配を想定しているほか、店舗や倉庫、空港などの大規模施設内での活用や夜間・早朝の稼動などを見込む。

従来の後輪駆動車と比べて床面の地上高を半分の約40センチメートルに抑えている上にウォークスルー構造を採用。トラックドライバーの宅配業務で負荷軽減を図る。1回の充電当たりの航続距離は宅配用途に必要な100キロメートル以上を想定している。

ウォークスルーバンに加えて、用途に応じた荷台を架装できる「キャブシャシ型」も準備する。現行の日野デュトロより一回り小さいサイズ感を実現し、運転のしやすさを確保しているのに加え、普通免許で運転可能とし、ドライバー不足の現状に配慮。コンパクトな車体と必要な荷室容積確保を両立している。

日野自動車の下義生社長は「当社初の本格EVの日野デュトロZEVは、これからの物流のラストワンマイルに自信を持ってご提案する”使えるEVトラック”だ。宅配物流に焦点を当て、お客様の貴重なご意見を伺いながら完成させた」と強調している。


特長
「物流のラストワンマイル」の現場での使い勝手を追求
-超低床構造:荷役作業性・乗降性を大幅に向上、ドライバーの負担軽減。必要な荷室容量を確保
-ウォークスルー構造:ユーザーの声を反映し、現場での使い勝手を追求
-普通免許で運転可能&EVならではのイージードライブで、ドライバー人材確保に貢献
-市街地走行に必要な先進安全技術を装備
-ゼロエミッションと高い静粛性で、周辺環境にも配慮

画像はプレスリリースより引用

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事