メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日野自動車、イスラエルの電動モビリティー企業と業務提携契約

日野自動車、イスラエルの電動モビリティー企業と業務提携契約

日野自動車は4月27日、イスラエルで新たな電動モビリティー開発を手掛けるREE Automotive(リーオートモーティブ)と「次世代商用モビリティーを通じた社会への新たな価値提供」のビジョン実現に向けた業務提携契約を締結したと発表した。


コンセプトイメージ

両社が共創するソリューションの基軸となる次世代商用モビリティーは、車を構成する部品など基本的な単位でまとめた「モジュール構造」となっており、REEのEV(電気自動車)プラットフォームを採用した動力部分(シャシモジュール)と、用途に応じて最適に設計された荷室空間(サービスモジュール)で構成。

このうちサービスモジュールは、シャシモジュールから簡単に脱着することができ、独立したユニットとして物やサービスを届ける一方、シャシモジュールは単独で稼働して他のサービスモジュールの動力として活用することが可能になる。

日野とREEはその時々で最適な輸送手段を利用できる「MaaS(Mobility as a Service)」やラストワンマイル物流での活用に加え、モジュール構造により全く新しい車両の提案ができると期待。REEが開発した独自のEV技術「REEcorner」を活用したフラットなシャシモジュールと、サービスモジュールそれぞれの稼働を最適化することで、生活者の多様なニーズに応えると同時に、顧客の経営資源の有効活用にも貢献していく考えだ。

まずは2022年度までにハード部分のプロトタイプを開発し、並行してビジネスモデルの検討・実証実験を進める。


REEcornerTM


東京モーターショー2019で提案したコンセプト「FlatFormer」

日野自動車 下義弘社長のコメント
「今回の協業は2019年の東京モーターショーで日野が提案した『FlatFormer』コンセプトが起点となっています。大きな反響をいただいたこのコンセプトが、さらに実現に近づくことを私自身が大変うれしく思っています。ビジョナリーな企業であるREEとの協業は、将来の社会の在り方と調和する、商用モビリティーの新たな価値創造に挑む大きな力になるものと信じています」

REE ダニエル・バレルCEOのコメント
「19年の東京モーターショーで示された『FlatFormer』は、未来の電動モビリティーのターニングポイントであったと確信しており、日野の先見性のあるチームとのエキサイティングなパートナーシップのきっかけでした。今回のパートナーシップは、革新的な次世代商用EVの開発・提供により世界中の人々の生活の質を向上させるという、共通の使命を果たすためのまたとない機会だと考えています」

※写真などは全て日野自動車プレスリリースより引用

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事