メルマガの配信元アドレスが変更となりました

アルプス物流、横浜営業所に新倉庫建設

アルプス物流、横浜営業所に新倉庫建設

延べ床面積9000平方メートル、竣工は22年9月予定

アルプス物流は5月11日、横浜市港北区の「横浜営業所」敷地内で新たに倉庫を建設すると発表した。

新倉庫は延べ床面積約9000平方メートルで地上4階建て、着工は2021年11月、竣工は22年9月をそれぞれ予定している。

同社横浜営業所は、第三京浜道路の港北ICより約3キロメートル(約10分)に位置しており、20年3月の首都高速道路神奈川7号横浜北西線開通で都心に加えて東日本全域や東海地方へのアクセスがさらに改善された。

この利便性向上を受け、特に首都圏の電子部品メーカー、半導体商社の要望を多く受けているため、倉庫を拡張することを決めた。

新倉庫では、温湿度管理や静電気対策といった、電子部品などの取り扱いに適した倉庫設計を施し、万全のセキュリティー管理設備を導入。電子部品のピース管理をする保管エリアに加えて、車載関連や輸出入貨物など大型貨物の取り扱い増を見込み、パレット貨物の保管能力も確保している。

また、横浜営業所敷地内に建設することで、輸送ターミナルやパブリックスペースなど既存施設の有効活用が可能となり、最大限の保管面積を確保できると見込む。

横浜営業所は、既存の1・3・4・5号棟に加え新倉庫建設により、敷地内の倉庫面積は約4万6000平方メートルとなる見込み。

名称 アルプス物流横浜営業所2号棟
住所 神奈川県横浜市港北区
延べ床面積 約9,000平方メートル、地上4階建て
着工 2021年11月(予定)
竣工 2022年9月(予定)

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事