メルマガの配信元アドレスが変更となりました

千葉・流山で日本GLPの大型物流施設「ALFALINK」2棟着工、三井食品入居へ

千葉・流山で日本GLPの大型物流施設「ALFALINK」2棟着工、三井食品入居へ

計23万平方メートル、23年1月竣工見込む

日本GLPは5月13日、千葉県流山市で開発を進めている先進的機能を持たせた大規模物流施設「ALFALINK(アルファリンク)」に関し、新たに2棟の起工式を行ったと発表した。

同市では既に完成、稼働している3棟に加えて、新たに5棟を周辺で順次建設する予定で、開発プロジェクト8棟全体の延べ床面積は約90万平方メートルに上る見通し。

今回着工したのは8棟の中央付近に位置している「ALFALINK流山5」(延べ床面積約16万6000平方メートル)と「ALFALINK流山6」(約6万8000平方メートル)で、いずれも2023年1月の竣工を見込む。

このうち「流山5」は食品卸大手の三井食品が賃貸面積の約7割を使用することが内定しており、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯物流センター「首都圏東物流センター(仮称)」として運営。常温エリアでは自動倉庫を導入する予定。

オンラインで同日記者会見した日本GLPの帖佐義之社長は「2棟とも三井食品さんのほかにも非常に強い引き合いを既にいくつかいただいている。ALFALINKは(工場用途など)さまざまな利用方法に対応していきたい」と強調。三井食品の萩原伸一社長は「GLPさんのご協力も得て最新のマテハン機器を導入、顧客へのサービスレベルを上げていきたい」と期待を示した。


流山でのALFALINK完成イメージ(以下、いずれも日本GLPプレスリリースより引用)


「流山5」(左)と「流山6」の完成イメージ

「流山5」「流山6」はカフェテリアやコンビニ、託児所に加え、新たな取り組みとして、地元での起業や拠点開発を支援するためのスモールオフィスや、“アフターコロナ”を見据えたリモートワークスペース、地域住民も多目的で活用できるシェアキッチン内蔵のマルチスペースを設置する計画。地域との共生や入居企業間の交流促進への寄与を目指す。

併せて、入居企業が事業に関する情報などを分かりやすく掲示できるデジタルサイネージ(電子看板)を導入したり、ビジネス交流イベントを開催したりして、新たなビジネスの創出を支援する構想。最寄り駅への無料循環バスや8棟の間を巡回するバスも運行、ALFALINK全体で働きやすい環境となるよう配慮する。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事