メルマガの配信元アドレスが変更となりました

CoralCapital、投資先のスタートアップ80社向けにコロナワクチン合同職域接種を提供へ

CoralCapital、投資先のスタートアップ80社向けにコロナワクチン合同職域接種を提供へ

従業員と家族1800人対象、健康守りイノベーション加速目指す

独立系ベンチャーキャピタルのCoralCapitalは6月4日、投資先のスタートアップ企業向けに、新型コロナウイルスワクチンの合同職域接種を提供すると発表した。スタートアップ企業への合同職域接種は珍しい。

約80社に勤める正社員や業務委託者、インターンとその家族を対象としており、接種希望者は約1800人に及ぶ。CoralCapitalの投資先でワクチン接種の経験を重ねている医療法人社団ナイズとCAPSの「CAPSグループ」の協力を得て医療従事者も確保済み。政府からモデルナ製ワクチンが配布され次第、政府の意向と足並みをそろえる形で6月21日をめどに接種を開始する予定。場所は東京都内の同社イベントスペースの活用を想定している。

CoralCapitalは併せて、投資先以外のスタートアップ企業にも、同様にワクチン接種できるよう準備を進めており、他のベンチャーキャピタルに協力を呼び掛けている。

CoralCapitalは「政府による職域接種の方針が発表されて以来、主に大企業が職域接種の取り組みについて発表してきた一方、多くの中小企業は医療従事者や接種会場が確保できず、合同開催も厳しいという状況が続いている。こうした状況の中、スタートアップに勤める従業員や家族向けに早期の職域接種に取り組むことには、社会的に大きな意義があると当社は考えている」とコメントしている。スタートアップ企業の従業員と家族の健康を守ることで、日本のイノベーションを加速したいとの思いもある。


(CoralCapitalウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事