メルマガの配信元アドレスが変更となりました

OKI、埼玉・本庄の工場新棟で初の「ネット・ゼロ・エネルギー」実現へ

OKI、埼玉・本庄の工場新棟で初の「ネット・ゼロ・エネルギー」実現へ

太陽光発電導入など、22年5月に本格稼働予定

OKI(沖電気工業)は6月7日、埼玉県本庄市の本庄工場内で新棟の建設を開始したと発表した。

次世代高速通信規格の5GやAIを活用した通信機器などの製造を手掛ける予定。2022年4月の竣工を見込む。OKIが展開している「Manufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)」を体現したスマート工場として同5月に本格稼働を開始する計画。総投資額は約60億円の見通し。

新棟は地上2階建て、延べ床面積は約1万9000平方メートルを想定。生産施設としては日本で初めて、太陽光発電システムの導入などにより建物内で使うエネルギー消費量を実質ゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」を目指す。

併せて、設計・施工主の大成建設が独自に定義する工場のエネルギー評価基準「ネット・ゼロ・エナジーファクトリー」(ZEF)の第1号プロジェクトに設定されている。


新棟の完成イメージ(OKI提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事