メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三井倉庫、埼玉・加須で2・3万平方メートルの医療系一元管理拠点が竣工

三井倉庫、埼玉・加須で2・3万平方メートルの医療系一元管理拠点が竣工

日本ベクトン・ディッキンソンとメディコン向け、7月から順次稼働

三井倉庫は6月21日、埼玉県加須市で稼働中の「関東P&Mセンター」の同一敷地内にⅡ期施設(B棟)が竣工したと発表した。

医療機器、体外診断用医薬品、試薬その他ヘルスケア関連製品を取り扱うベクトン・ディッキンソンの日本法人、日本ベクトン・ディッキンソンと、そのグループ企業メディコンの国内物流を一元管理する新たな東日本拠点として、7月から順次稼働する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

三井倉庫が手掛ける両社の流通管理一元化プロジェクトとしては、既に稼動済みの西日本、首都圏[羽田]に続く3拠点目となり、今回の東日本拠点の稼動によって拠点再編は完了する。

三井倉庫は同施設の運営についても既存の2拠点と同一の品質管理基準に則った付加価値の高い物流サービスを提供していくとともに、CO2削減や省人化等のESG観点でのサステナブル(持続可能性)なサービスの構築にも取り組む。

なお、このたび開設する同拠点では
1.環境負荷、災害対策にも配慮した様々な設備の導入
2.流通過程で必要となる流通加工(包装・表示)の受託体制の整備
3.東北自動車道と首都圏中央連絡自動車道に至近な立地を活かした輸配送の合理化
――など、流通業務の効率化を積極的に推進することにより、物流総合効率化法(物効法)の認定を取得している。


関東P&MセンターB棟外観

関東P&MセンターB棟内観

名称 関東P&MセンターB棟
住所 埼玉県加須市芋茎1248-12
規模 地上4階建(倉庫3層)、延床面積約23,580平方メートル
特徴 全館温度管理(冷蔵【2-8℃】,常温【15-25℃】,室温【1-30℃】)、館入室管理(ICカード認証)

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事