メルマガの配信元アドレスが変更となりました

豊田合成、本社と工場、物流センター3拠点の使用電力を全て再生可能エネルギー由来に切り替え

豊田合成、本社と工場、物流センター3拠点の使用電力を全て再生可能エネルギー由来に切り替え

CO2を年間3363トン削減見込む

豊田合成は6月23日、愛知県清須市の本社と「いなべ工場」(三重県いなべ市)、「みよし物流センター」(愛知県みよし市)の3拠点で、使用電力の全てを再生可能エネルギー由来に切り替えたと発表した。主要拠点でCO2排出量を実質的にゼロとするカーボンニュートラルを推進する。

自社で太陽光発電設備などを導入するとともに、電力会社から「グリーン電力」を購入、3拠点のCO2排出量を年間3363トン削減できると見込む。今後は他の工場にも順次適用、2025年度までにCO2排出量を25%減らすことを目指す。

同社は30年までに「CO2排出量を50%削減(15年度比)」、50年までに「CO2排出量をゼロ」とする環境目標を掲げている。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事