メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トランコム、三菱地所が埼玉・蓮田で開発の物流施設を1棟借りし大型センター開設

トランコム、三菱地所が埼玉・蓮田で開発の物流施設を1棟借りし大型センター開設

2・4万坪で過去最大規模、自動運転ロボットなど導入も検討

トランコムは7月1日、三菱地所が埼玉県蓮田市で開発した物流施設「ロジクロス蓮田」を1棟借りし、新たな物流拠点「蓮田ロジスティクスセンター(LC)」を同日開設したと発表した。

地上3階建て、延べ床面積は2万3787坪(約7万8500平方メートル)でトランコムとしては過去最大規模の物流拠点となる。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同施設は大型車両の乗り入れに対応し、1階の両面バース設計による物流リードタイムの短縮など機能性・利便性を高めている。トラックバース91台、トラック待機場30台を確保し、スムーズな輸配送が可能。施設内部には入出荷品の運搬、保管などの業務に自動運転ロボットなどを導入する検討を進めている。

蓮田LCは、トランコムの関東エリアにおける多種多様な輸配送機能を持ち合わせたコア拠点として展開していく予定。


蓮田LCの外観(トランコムプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事