新型コロナウイルス感染症への対応について

日本トランスシティ、ベトナムに初の自社倉庫建設へ

日本トランスシティ、ベトナムに初の自社倉庫建設へ

自動車用部品の取り扱い想定、1・47万平方メートルで20年9月完成予定

日本トランスシティは12月24日、ベトナムのハイズン省にある工業団地で、現地法人を通じて新たに倉庫を開発すると発表した。同国で自社倉庫を建設するのは初めて。

平屋建て、高床式で延べ床面積は1万4700平方メートルを計画。ドッグレベラー14基や昇降用スロープ2カ所などを採用。2020年2月に工事を始め、完成は同年9月を見込む。自動車用部品の取り扱いを想定している。


新倉庫の完成イメージ(日本トランスシティプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事