メルマガの配信元アドレスが変更となりました

セイノー、QRコードでワクチンなど受け取り時の本人確認スキーム構築

セイノー、QRコードでワクチンなど受け取り時の本人確認スキーム構築

配達時間をメールで予告、なりすまし防止

セイノーホールディングスは7月6日、QRコードを活用することで配達時の「なりすまし」を防ぎ、新型コロナワクチンなどを安全で確実に輸送できるスキームを構築したと発表した。

西濃運輸の配送に、グループのGENieが展開する処方箋即時配送サービス「ARUU(アルー)」のシステムを活用しており、大垣市の2次配送にも採用された。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同システムの特徴は、QRコード活用による以下の2点。
①配達時間予告メール機能
②ワクチン配達時の本人確認機能が提供できる

特に「②ワクチン受取時の本人確認機能」は、事前の配達時間予告メールに医療機関ごとのQRコードを添付することで、配達時に医療機関固有のQRコードを読み込まなければ、ワクチンの引き渡しが不可能なため、なりすまし防止(受け取り証明)につながり、安全・確実なワクチン配送を提供できるとみている。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事