イノフィスの物流など向け10万円台アシストスーツ、アマゾンとビックカメラで発売

イノフィスの物流など向け10万円台アシストスーツ、アマゾンとビックカメラで発売

他の家電量販店やホームセンターでも取り扱いへ

東京理科大発のベンチャー、イノフィス(東京)は11月1日、人間や重量物の持ち上げといった作業時に装着し、腰などに掛かる負荷を軽減するアシストスーツの新商品「マッスルスーツ Every(エブリィ)」をアマゾン・ドット・コムとビックカメラで発売したと発表した。

関連記事:PALTEK、東京理科大発ベンチャー開発の装着型作業支援ロボットを11月から販売

今後はヨドバシカメラやジョイフル本田などの家電量販店、ホームセンターでも順次取り扱いを始める予定。

新商品はリコーグループと連携して量産化と大幅なコストダウンを図り、価格を既存の前モデル「マッスルスーツ Edge(エッジ)」(約50万円)の半額以下となる10万円台と大幅に引き下げることに成功した。

電力を使わず、空気と人工筋肉を用いて最大25・5キログラム重の補助力を発揮し、作業者の腰痛防止などの効果が期待できる。メーンユーザーの介護分野に加え、製造業や物流、農業といったシーンでの活用を見込む。

イノフィスは「さらに店頭展示販売のチャネルを増やし、効果を体感の上、安心してご購入いただけるようにしていく」と強調している。


「マッスルスーツ Every」

使用シーンのイメージ※クリックで拡大(いずれもイノフィス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事