メルマガの配信元アドレスが変更となりました

テトラ・アビエーションと福島・南相馬市が「空飛ぶクルマ」で連携協定、新機種公開

テトラ・アビエーションと福島・南相馬市が「空飛ぶクルマ」で連携協定、新機種公開

試験飛行やエンジニア育成など推進

垂直に離発着して上空を移動する「空飛ぶクルマ」の開発に取り組むベンチャー企業のテトラ・アビエーションは7月7日、福島県南相馬市と、空飛ぶクルマの一種と捉えられているeVTOL(電動垂直離着陸機)の開発に向け連携協定締結したと発表した。

本連携協定により、引き続き福島ロボットテストフィールドでの試験飛行や、2025年大阪万博、2030年以降のエアモビリティでの移動が始まる時期に、次世代のエンジニア育成などの面で南相馬市との連携をさらに高めていく。

同社は締結式で、新機種「Mk-5(まーくふぁいぶ)」のイメージ画像と模型を公開。実機は7月26日から米国で開催される世界最大級の航空機の展示会「EAA AirVenture Oshkosh 2021」に出展し、2022年の引き渡しを前提に予約販売を開始する。

新機種は米国で現行法の下、オーダーメードでキット機として販売。今後、日本国内においても自家用航空機として提供できるよう開発を進める予定だ。




(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事