メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ドコモが日本初のドローン向け通信サービス提供開始、長距離物流や災害時対応への応用加速に期待

ドコモが日本初のドローン向け通信サービス提供開始、長距離物流や災害時対応への応用加速に期待

月額4万9800円、120ギガバイトまで利用可能に

NTTドコモは7月8日、ドローン利用者向けに月額4万9800円(税込み)で上空におけるLTE(携帯電話用高速通信規格)を月間データ容量120ギガバイトまで利用できる新たな通信サービス「LTE上空利用プラン」を、同日から提供開始すると発表した。

また、同プラン契約者がドローンを利用する際、利用場所や日時、台数、高度などを事前に予約する「LTE上空利用予約」もセットで展開。上空でモバイルネットワークを使ってドローンを操作することが可能な通信サービスの提供は国内初という(ドコモ調べ)。長距離の物流や災害時の救援物資輸送などへの応用が進むと期待できそうだ。

上空におけるモバイルネットワークの利用は、地上で利用する電波への干渉を避けるため、電波法による監理の下、限定的に認められてきたが、関係省庁や企業団体等による官民協議会が提唱する「空の産業革命」の実現に向け、上空での送信電力制御や、上空で利用する周波数帯の限定などを条件に、2020年12月に利用を拡大する制度が整備された。

ドコモは、上空でのLTE通信端末の送信電力を最適化するネットワーク機能「送信電力最適化機能」の運用を既に開始していたが、さらに今回上空で利用可能な周波数を限定する「周波数帯域制限(band制限)機能」も開発。各機能を活用し、上空でのLTE通信を基地局から適切に制御することで、地上でモバイルネットワークを利用する端末への電波干渉を軽減できると見込む。

また、LTE通信モジュール内蔵型ドローンを活用した実証実験として、中北薬品やICソリューションズ、エアロセンスの協力の下、「LTEを活用した医薬品ドローン物流実証」を実施し、片道10キロメートルを往復する目視外飛行に成功した。これらの取り組みにより、今後は上空でモバイルネットワークを利用するドローン(セルラードローン)の活用が可能となることから、同料金プランを提供することにした。

これまでドローンは目視内での短距離飛行による上空からの撮影や録画データによる点検が一般的だったが、今後は目視外での長距離飛行やリアルタイムのデータ伝送も可能となり、広範囲の農薬散布や生育監視、遠隔地への長距離物流、災害発生時における遠隔地のリアルタイム映像伝送など、さらに幅広いシーンで活用することが可能となる。

また、同時に提供を開始する「LTE上空利用予約」は同一の空域や時間帯に上空でLTE通信の利用が集中するのを回避できるため、過度な電波干渉が発生しないことを確認した上で、セルラードローンを安全に利用できる環境の整備につながると見込む。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事