メルマガの配信元アドレスが変更となりました

小田急不動産が初開発の物流施設が千葉・印西で竣工、西濃運輸が1棟借り決定

小田急不動産が初開発の物流施設が千葉・印西で竣工、西濃運輸が1棟借り決定

2・3万平方メートル、他に愛知などで3件展開予定

小田急電鉄グループの小田急不動産は7月15日、千葉県印西市で初めて自社開発を進めてきた物流施設「小田急不動産ロジスティクスセンター印西」が竣工したと発表した。西濃運輸が1棟借りを決めており、同社が入居する外部倉庫としては過去最大規模という。

新施設は鉄骨造の地上3階建て、延べ床面積は2万2751平方メートル。倉庫部分には垂直搬送機4基、荷物用エレベーター2基、ドックレベラー4基をそれぞれ実装済み。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

東関東自動車道の千葉北ICから約15キロメートル、常磐自動車道の柏」ICから約27キロメートルに位置している。国道464号線を利用し、成田方面へもアクセスが良好。千葉をはじめ首都圏東部への広域配送拠点に適した立地となっている。

小田急不動産は今回の案件に続き、千葉県および愛知県で計3物件の開発を予定。「今後も日本全国で年間2~3棟ほどの開発を視野に事業を展開し、ラストワンマイル物流施設や冷凍・冷蔵に対応した施設の開発にもチャレンジしていく予定」と説明している。


新施設の外観


所在地


新施設の構造(いずれも小田急不動産提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事