メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR西がヤマトなどと組み伯備線で「貨客混載」へ、 農産品を岡山駅で販売

JR西がヤマトなどと組み伯備線で「貨客混載」へ、 農産品を岡山駅で販売

フルーツや野菜取り扱い

JR西日本岡山支社、岡山県高梁市、ヤマト運輸、晴れの国岡山農業協同組合、ジェイアールサービスネット岡山の5者は7月15日、高梁びほく管内の農産品を列車に積み込み、岡山駅まで輸送する「貨客混載」の実証実験を昨年度に始めたと発表した。

その成果を踏まえ、7月29日から伯備線を活用した貨客混載による高鮮度・高品質な農産品の定期輸送および駅ナカ店舗内スペースでの販売サービス「産直便マルシェ」を開始する。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客事業が打撃を受けている中、新たな収益源の確立を探る。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

概要
高梁びほく管内の高鮮度・高品質な農産品を伯備線普通列車にて輸送し、岡山駅新幹線改札横おみやげ街道せとうちCUBE内「産直便マルシェ」コーナーにて販売

区間
伯備線 普通列車(備中高梁駅⇒岡山駅間)

対象列車
備中高梁駅【午後2時27分発】⇒岡山駅【午後3時19分着】
※岡山駅到着以降は、配送および陳列を行い、午後4時頃から販売を開始

サービス開始日
2021年7月29日(木)毎週木曜日に定期輸送を実施予定
※列車の運行状況や農産品の供給状況等により、実施頻度などを変更する場合がある

販売商品例
(フルーツ)ピオーネ・岡山白桃・いちご 
(野菜)トマト・キャベツ・大根・自然薯・アスパラガス 
※農産品の供給状況などによって変更になる場合がある

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事