メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通台湾現法、GDP認証取得

日通台湾現法、GDP認証取得

桃園国際空港到着の航空輸入貨物輸送業務が対象、医薬品物流ニーズに対応

日本通運は9月24日、台湾の現地法人「臺灣日通國際物流股份有限公司」が、8月7日を発行日として、台湾域内輸送の提供に関する医薬品の適正流通基準「GDP」(Good Distribution Practice)の認証を取得したと発表した。

台湾は2018年末に医薬品製造会社、医薬品製造免許を持つ販売会社に対してGDP認証の取得を義務化するなど、医薬品の品質管理強化を図っている。台湾日通が取得したGDP認証の対象は桃園国際空港に到着した航空輸入貨物の台湾域内輸送業務。マイナス20度~0度、2~8度、15~25度の3温度帯による輸送に適用している。

台湾日通は5月に新設した「桃園NEXT3倉庫」の保管・輸送業務についても、TFDA(台湾衛生福利部食品薬物管理署)の「GDP/GMP認証」を2021年中に取得することを目指して申請済み。今後も拡大が予想される医薬品の物流ニーズに対応するため、サービス品質向上と内容の拡充につなげたい考え。


輸送車両(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事