メルマガの配信元アドレスが変更となりました

プラスオートメーション、物流施設内でロボットやデバイスなど効果的な連携可能にする独自システムの提供開始

プラスオートメーション、物流施設内でロボットやデバイスなど効果的な連携可能にする独自システムの提供開始

月額定額料金設定、容易に利用開始

プラスオートメーションは10月7日、物流施設内で利用するロボットやデバイス、マテハン機器などを効果的に連携させることが可能な独自開発システム「+Hub」(プラスハブ)を正式にリリースしたと発表した。月額定額料金で容易に利用を始めることができるようにしている。

全国で1000台以上が稼働中のソーティングロボット「t-Sort」シリーズを中心としたAGV(無人搬送ロボット)、自律走行ロボットと呼ばれるAMRなどの多様なロボットとデバイス、アプリケーション、設備などをつなぎ合わせ、効果的な運用を可能にする結節点の役割を果たす。

「+Hub」はオンプレミスとクラウドの両方に対応。このうちクラウド版は物流現場における重要情報の蓄積・可視化・分析を可能とするBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを充実させ、顧客の物流現場と本社が一体となって課題解決を促進できる環境を整備している。


※いずれもプラスオートメーション提供

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事