メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【独自取材・INNOVATION EXPO】存在感増す物流ロボット、中国など海外勢も続々

【独自取材・INNOVATION EXPO】存在感増す物流ロボット、中国など海外勢も続々

搬送担うAGVやピッキング支援AMR、ラック上部の商品扱えるタイプがお目見え

10月13~15日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催された物流の大規模展示会「国際物流総合展2021 第2回INNOVATION EXPO」では、深刻な人手不足やECの取扱量増加などを背景に、物流ロボットの展示が相次ぎ、存在感を一層増していた。日本のメーカーに加え、中国など海外製も続々参加。日本の物流領域に商機があるとの期待が強いことを物語っていた。

目立ったのが、パレットの下に潜り込んで荷物を持ち上げるタイプのAGV(無人搬送ロボット)だ。トランコムは資本・業務提携しているスタートアップ企業のChinoh.Aiと共同で、中国製AGVを使った庫内作業自動化のソリューションを公表。

同じく中国系メーカーのIPLUSMOBOTも1トンの荷物を運ぶことができるタイプのAGVを出展した。別の中国系メーカー、YouibotRoboticsは工場や物流施設向けAGVのデモを公開。可搬重量が1トンや150キログラムなど、さまざまなニーズに応えられることをアピールした。


トランコムとChinoh.Aiが出展したAGV


IPLUSMOBOTのAGV


YouibotRoboticsのAGV

一方、三菱商事はインド発祥のロボットベンチャー、GreyOrange(グレイオレンジ)のAGV「Ranger(レンジャー)GTP」(旧名Butler=バトラー=)の最新モデル「Ranger GTP3・0」を投入。両社が連携して提供している、物流ロボット導入を包括的に支援するサービス「Roboware(ロボウェア)」で取り扱いを始める。従来モデルの厚みを薄くし、持ち上げる棚に商品をより多く詰めるようにするなど改良している。同じくGreyOrange製のパレット搬送ロボット「Ranger IL」も国内で販売を始める。


「Ranger GTP3・0」(上)と「Ranger IL」

福岡に拠点を置くロボットメーカーの匠は、床面に敷設した2次元コードを読みながら移動するタイプと、レーザーセンサーで周囲を確認し、事前登録した地図情報と重ね合わせて移動するタイプのAGVをPRした。


匠の2次元コード利用タイプAGV


匠のレーザーセンサー活用タイプAGV

花岡車輛は、電動台車の技術を生かし、段差やスロープもスムーズに通り抜けられる新型AGVをアピールした。


花岡車輛の新型AGV

人間と協働し、ピッキングをサポートするAMR(自律移動ロボット)も続々とお目見えした。ラピュタロボティクスや中国系のシリウスロボティクスが主力のAMRを展示。容易に導入できる点やランニングコストを低く抑えられる点などを積極的に来場者へ訴えていた。


ラピュタロボティクスのAMR


シリウスロボティクスのAMR

他にもユニークなロボットが来場者の注目を集めていた。プラスオートメーションは既に1000台以上のレンタル実績がある中国製の「t-sort」を複数台、同時にオペレーションさせるデモを公開した。


プラスオートメーションがデモを実施したt-sort

中国系のHAI ROBOTICSはラックの上部に置かれた商品入りコンテナも自動で取り降ろしができるケースハンドリングロボットを披露。同じく中国系のHIK ROBOTも保管棚の間を行き来してケースを取り扱うカートン搬送ユニットの活用シーンを実演してみせた。


HAI ROBOTICSのケースハンドリングロボット


HIK ROBOTのカートン搬送ユニット

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事