画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱自動車、インドネシアで軽商用EV運用の実証実験

三菱自動車、インドネシアで軽商用EV運用の実証実験

現地企業やDHL現法と連携、普及に向け走行距離などデータ収集

三菱自動車工業は3月14日、インドネシアで同社製品を販売しているミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)が、現地企業4社と軽商用電気自動車(EV)の実証実験に関する覚書を締結したと発表した。


実証実験に使うミニキャブ・ミーブ

締結したのは、国営郵便会社ポス・インドネシア(本社バンドン)、送配電事業などを行っているハレヨラ・パワー(ジャカルタ)、モビリティサービス大手のゴジェック(同)、ドイツ物流大手の現地法人DHLサプライヤーチェーン・インドネシア(ジャカルタ)の4社。

日本で2011年に投入した「ミニキャブ・ミーブ」を輸送業務に活用。半年間の実証実験を通じて走行距離や充電記録、配送ルートなどのデータを集め、EV普及に向けた環境整備の検証を進めていく予定。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事