メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トヨタ、11月の世界生産台数は従来目標から最大15万台減産へ

トヨタ、11月の世界生産台数は従来目標から最大15万台減産へ

コロナ禍で東南アジアからの部品調達支障、半導体不足も解消されず

トヨタ自動車は10月15日、世界での生産台数計画が11月は従来目標としていた100万台レベルから約10万~15万台減るとの見通しを公表した。内訳は国内が約5万台、海外が約5万~10万台とみている。

新型コロナウイルスの感染が東南アジアで再拡大したのが響いて部品の調達に支障が出ていることや、半導体不足が解消されていないことを考慮した。

9月と10月は約50万~60万台と大幅減の水準を見込んでいる。

一方、2022年3月期の見通しは900万台レベルで据え置いた。東南アジアでコロナ禍に対する規制緩和が図られていることや、9~10月の減産幅を従来の想定より縮小できる見通しとなっていることなどを踏まえた。同社は12月以降の挽回を目指す。

11月は国内でグループを含めた全14工場・28ライン中、4工場・6ラインを一時ストップさせる。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事