メルマガの配信元アドレスが変更となりました

凸版印刷と東北大発スタートアップのシグマアイ、「量子アニーリング」活用した物流業務効率化の実証実験

凸版印刷と東北大発スタートアップのシグマアイ、「量子アニーリング」活用した物流業務効率化の実証実験

配車・配送計画に活用し立案のスピード・精度向上など図る、25年のソリューション提供開始目指す

凸版印刷と東北大学発のスタートアップ企業シグマアイは10月25日、膨大な組み合わせの中から最適な解を求める量子コンピューターの計算技術「量子アニーリング」を活用し、物流業務の効率化を図る実証実験を開始したと発表した。

両社が開発を進めている量子アニーリングを、凸版印刷のグループ会社トッパン・コスモが物流業界などに提供している業務効率化・見える化システム「MITATE」(ミタテ)に適用。計画立案機能を拡張し、配車・配送計画などの業務の負担軽減とスピード・精度向上、配送時間の縮減と環境負荷低減の実現を狙う。

実証実験の効果検証を通じて量子アニーリング活用のノウハウを蓄積し、重さ・大きさ・種類・荷姿など荷物に関する情報の安全・安心な運用・管理、集荷や配達に伴う配車・配送計画策定など、物流業務を効率化・見える化する物流DXを目指す。

今後は集荷から着荷に至る一連の物流業務を効率化するシステムを開発、2025年に物流DXソリューションとして提供を開始したい考え。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事