メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本通運、香港の現地法人が自社倉庫と輸送サービスでGDP認証取得

日本通運、香港の現地法人が自社倉庫と輸送サービスでGDP認証取得

高品質な医薬品物流ニーズの高まり予想

日本通運は10月26日、現地法人の香港日本通運が9月30日を発効日として、香港のコンテナターミナルに隣接する自社倉庫、および輸送サービスに関し、医薬品の適正な流通基準「GDP」(Good Distribution Practice)認証を取得したと発表した。

香港は、海運・航空ハブ、科学技術などの発展において重要な拠点。2035年までに医薬産業イノベーション・モデルエリアの建築が予定されるなど、今後さらに高品質な医薬品物流ニーズの高まりが見込まれているのを考慮した。

香港日通は、自社倉庫内の2~8度(冷蔵)、15~25度(低温)の2温度帯保管エリア(合計69・5平方メートル)と温度管理された前室を備え、保管業務と温度管理輸送サービスに対応する。



(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事