メルマガの配信元アドレスが変更となりました

東関道の千葉・四街道IC付近~成田JCT付近で最高速度110キロメートルに引き上げへ

東関道の千葉・四街道IC付近~成田JCT付近で最高速度110キロメートルに引き上げへ

12月1日、首都圏初

千葉県警は11月1日、東関東自動車道の四街道IC付近~成田JCT付近の区間で、12月1日午後3時から最高速度規制を時速110キロメートルに引き上げると発表した。

対象は高速自動車国道での法定最高速度が時速100キロメートルとなっている車両で、大型貨物自動車、大型特殊自動車、特定中型貨物自動車などは除く。

国内では東北自動車道や新東名高速道路の一部区間で時速120キロメートル規制の運用が始まっている。首都圏で規制引き上げは初めて。

運用状況を見極めた上で、さらに時速120キロメートルまで規制を引き上げるかどうかを検討する。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事