ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

商船三井がドイツ初の洋上LNG受け入れ基地を検討開始

商船三井がドイツ初の洋上LNG受け入れ基地を検討開始

欧州ガス・電力最大手ユニパ―と覚書締結でFSRU投入

 商船三井は12月18日、ドイツで洋上LNG(液化天然ガス)受け入れ基地の事業化に向け、欧州ガス・電力最大手のドイツ・ユニパー(デュッセルドルフ)と覚書を締結したと発表した。

 2022年後半の稼働予定で大型のFSRU(浮体式天然ガス貯蔵・再気化設備)を投入する。ドイツで洋上LNG受け入れ基地が採用されるのは初めて。

 ドイツ唯一の深水港であるヴィルヘルムスハーフェン港に貯蔵容量26万3000立方メートル、年間再気化能力100億立方メートルのFSRUを係留。LNG燃料供給用バージに供給できるよう設計されており、内陸向けにトラックでLNGを輸送することもできる。

 ドイツはLNG市場からの調達量増加や調達先の多様化を進め、エネルギー確保の競争力を高めて消費者の生活・経済に寄与したい考え。両社は引き続き共同で事業化調査を進めていく。

 これに先行して商船三井は同14日、ユニパー子会社のUniper Global Commodities とLNG輸送契約を締結した。既存契約に続くもので2020年12月から輸送を開始する。商船三井のLNG海上輸送における経験・品質・競争力・技術力などが高く評価された。今後もLNGの多様な調達を志向するユーザーのバリューチェーン構築に貢献していく考え。

(鳥羽俊一)


商船三井ウェブサイトより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事