プロロジス、KURANDOと倉庫内業務の進捗可視化アプリを共同開発

プロロジス、KURANDOと倉庫内業務の進捗可視化アプリを共同開発

初期費用不要、適切な人員配置を後押し

プロロジスは11月12日、スタートアップ企業のKURANDO(東京)と倉庫内の業務の進捗状況を可視化するアプリ「ロジメーター」を共同開発したと発表した。

タブレット端末で実施する作業をアプリに登録すると、パソコン画面でオーダーピックや検品、梱包、出荷などの進捗状況をリアルタイムで一覧できる。データ分析も可能にする計画。

アプリを駆使することで、作業進捗の度合いに応じて適切な人員配置につなげられるのがメリット。初期費用は不要とし、企業が導入しやすいよう配慮している。

当初はプロロジスの物流施設に入居している企業を対象に、アプリのプロトタイプを提供。実際に利用した経験をフィードバックし、来春に完成した正式版を製品化してKURANDOが発売する予定だ。


「ロジメーター」の画面イメージ(プロロジスプレスリリースより引用)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事