メルマガの配信元アドレスが変更となりました

フィンランドのデリバリー「ウォルト」、札幌市内で配達専用スーパー2店舗開設へ

フィンランドのデリバリー「ウォルト」、札幌市内で配達専用スーパー2店舗開設へ

2000品目を注文から30分程度で、全国展開目指す

デリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」を手掛けるフィンランドのWoltの日本法人Wolt Japanは11月22日、関連会社のWolt Market Japanが、札幌市内に配達専用スーパー(ダークストア)「Wolt Market(ウォルトマーケット)」2店舗を開設すると発表した。

独自ルートで仕入れた食料品や日用品など約2000品目を、アプリやウェブサイト経由で注文を受けてから30分程度で届ける即時配達サービスを12月2日に始める。店頭での販売は行わない。

独自のアルゴリズムを使い、注文データを分析して地域ごとの購買傾向を品ぞろえに反映。メーカーからの直接仕入れでコストを減らし、リーズナブルな価格設定を図る。

ウォルトはグローバルで即時配達を売り物にした「Qコマース」に注力しており、現在は3カ国の12拠点でWolt Marketを展開中。日本でもEC市場が拡大を続けているため、需要が見込めると判断した。今後は全国展開を目指す。

札幌の2店舗では、配達料金は1キロメートル未満が99円、1~2キロメートル未満が199円、2~3キロメートル未満が299円、3キロメートル以上は399円と設定しており、最大配達距離は5キロメートル。


配送イメージ(Wolt Japan提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事