メルマガの配信元アドレスが変更となりました

コープさっぽろ、三菱ふそうEVトラック「eCanter」を寒冷地で活用する実証実験へ

コープさっぽろ、三菱ふそうEVトラック「eCanter」を寒冷地で活用する実証実験へ

宅配の脱炭素化目指す

三菱ふそうトラック・バスは11月24日、コープさっぽろが三菱ふそう製の小型EV(電気自動車)トラック「eCanter(eキャンター)」を用いた寒冷地での配送業務の実証実験を2022年1月に実施すると発表した。

顧客企業による「eCanter」の実証は北海道で初めて。コープさっぽろの宅配サービス「トドック」で行う。

札幌市内で特に市街地や傾斜地での実走行距離、充電・配送時間、バッテリーの消費電力などのデータを測定。コープさっぽろの配送実務での「eCanter」の性能を実証する。コープさっぽろは物流からのCO2排出量削減を推進し、道内で宅配業務の脱炭素化を進めたい考え。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事