画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本通運、オランダ現地法人がスキポール空港近郊の自社倉庫でGDP認証取得

日本通運、オランダ現地法人がスキポール空港近郊の自社倉庫でGDP認証取得

3温度帯に対応、専用トラックドック完備

日本通運は12月2日、現地法人のオランダ日本通運が、9月6日を発効日としてオランダ・スキポール空港近郊のスキポールトレードパーク内にある自社倉庫が、医薬品の適正な流通に関する国際基準「GDP(Good Distribution Practice)」適合認証を取得したと発表した。

オランダは、欧州域内でも最先端バイオテクノロジー企業の集積地の1つとなっており、地理的、税務的優位性から多くの医薬品メーカーが物流拠点を集約している。

欧州の輸出入ゲートウェイとなっているスキポール空港近郊の自社倉庫内に15~25度(定温)、2~8度(冷蔵)、―15~―25度(冷凍)の3温度帯に対応可能な医薬品専用温調庫(315平方メートル」)と専用トラックドックを完備。今後さらに拡大が予想される医薬品輸送への取り組みを強化する。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事