画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

名港海運、タイ現法が9485㎡の第2倉庫開設

名港海運、タイ現法が9485㎡の第2倉庫開設

定温庫設置、東南アジアで物流事業拡大目指す

名港海運は12月6日、タイの現地法人メイコーアジアが、同国バンコク郊外のスワンナプーム国際空港近郊に位置しているアジア工業団地内で第2倉庫を開設したと発表した。

倉庫面積は9485平方メートルで、このうち15~25度の定温庫が728平方メートル。既に運営している第1倉庫(9300平方メートル)と合わせて、倉庫総面積は1万8785平方メートルに達した。

定温庫を設けて取り扱い可能な貨物の幅を広げ、東南アジアで物流事業を拡大していきたい考え。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事