画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ゴールド免許の更新時講習オンライン化、22年2月1日に試行開始

ゴールド免許の更新時講習オンライン化、22年2月1日に試行開始

北海道、千葉、京都、山口の4道府県、24年度末に全国で実施目指す

警察庁は12月9日、無事故・無違反の優良運転者(ゴールド免許)が運転免許を更新する際に受ける講習のオンライン化を2022年2月1日から試験的に始めると発表した。

当初は北海道、千葉、京都、山口の4道府県でスタート。マイナンバーカードを持つ70歳未満で22年2月1日以降に誕生日を迎える人が対象となる。対象の道府県警察のホームページからスマートフォンなどで専用ページにアクセスし、マイナンバーカードの電子証明書機能で本人認証を済ませ、動画を視聴する流れを想定している。

政府は行政手続きのデジタル化・オンライン化を進めており、今回の措置もその一環。警察庁は利用頻度や課題を踏まえ、24年度末から全国で実施することを目指す。

ただ、更新後の新たな免許書受け取りなどは免許センターなどに赴く必要があり、講習のオンライン化がどの程度、ドライバーの利便性向上につながるかは見通せない。

(藤原秀行)

政策カテゴリの最新記事