画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

東急バス、横浜市内で路線バス使った「貨客混載」の実証実験へ

東急バス、横浜市内で路線バス使った「貨客混載」の実証実験へ

食品を駅近くの店舗へ配送、新たな収益源確立目指す

東急バスは12月14日、横浜市青葉区内を走る路線バスの車両で荷物を運ぶ「貨客混載」の実証実験を12月16日から2022年3月31日まで実施すると発表した。

同区内で製造された食品を、たまプラーザ駅と虹が丘営業所を結ぶ路線バスに乗せ、たまプラーザ駅まで輸送。同駅近くの店舗で販売する予定。

新型コロナウイルスの感染拡大で旅客輸送需要が減少している路線バスの新たな収益源確立を図る。輸送に関する温室効果ガス削減や効率化への貢献も見込む。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事