日通、自社初の専用貨物列車を中国・ドイツ間で試験運行

日通、自社初の専用貨物列車を中国・ドイツ間で試験運行

来年3月めどに“定期化”目指す

 日本通運は12月26日、同社としては初となる自社でコンテナ1列車を編成した「ブロックトレイン」を中国・西安からドイツ・デュイスブルクまで試験運行する計画を発表した。41本のコンテナから成り、今月20日に西安を出発した。トータルのリードタイムは16~17日間を想定している。


西安駅の専用列車(日本通運提供)

 試験運行は経済産業省委託の2018年度「質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業(チャイナ・ランド・ブリッジの利活用促進に向けたハード・ソフト面の改善のための調査)」の一環として実施した。同社は鉄道とトラックを組み合わせ、海上輸送よりリードタイムを短縮することで国際一貫輸送のニーズをさらに獲得したい考え。

 西安での出発式典で同社の杉山龍雄常務執行役員は「製造業における調達から生産は多様性が加速しており、さまざまな場所で材料が調達、物が生産および消費されている。物流において定時性とコスト、利便性が求められる中、鉄道の持つ大量・定時輸送は重要」と強調した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事