新型コロナウイルス感染症への対応について

プラスとシニアライフクリエイト、弁当宅配利用の高齢者に日用品も同時配達

プラスとシニアライフクリエイト、弁当宅配利用の高齢者に日用品も同時配達

トイレットペーパーなど約200点を無料で

プラスはこのほど、グループで手掛けている介護福祉施設向け通販「スマート介護」に関し、高齢者向けに日用品などを自宅へ配達するサービス「介護お助け便」を5月18日から順次始めると発表した。

高齢者への弁当宅配を展開しているシニアライフクリエイト(東京)と連携、同社のサービス「宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)」の利用者に提供する。

プラスは2019年6月、介護施設入居者の買い物代行を支援するサービスを開始。宅配クック123を使っている在宅の高齢者や介護担当者からも重い物やかさばる物を自宅に持ち帰るのが困難との声が寄せられていたため、新たなサービス開始にこぎ着けた。

新サービスはトイレットペーパーやケアシューズといった日用品、シニア層向け商品、加工食品など約200点を、プラスが全国5カ所に構えている配送センターからシニアライフクリエイトの弁当宅配を担う約350店舗に翌日配送した上で、弁当と一緒に届けてもらう。注文は専用カタログから商品を選び、弁当が届いた際にスタッフへ口頭で伝えれば完了し、送料も不要。

プラスは「新型コロナウイルス感染症の影響で、買い物にお困りの高齢者の方の一助となればと考えている」と説明している。


「介護お助け便」の専用カタログ(プラス プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事