画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

大和リース、倉庫など向けシステム建築の大型商品を22年1月発売へ

大和リース、倉庫など向けシステム建築の大型商品を22年1月発売へ

柱間隔が最大33m、在来工法より納期短縮や低コスト期待

大和ハウス工業は12月22日、傘下の大和リースが、使用する部材を事前に工場で製造し、工期の短縮やコスト低減を図る「システム建築商品」のダイワスペースで、新たにスパン(柱間隔)が最大33メートルの大型商品「ダイワスペースWS(ダブルエス)」を2022年1月4日に発売すると発表した。

中柱がなく広い空間を確保できるため、物流倉庫や工場、体育館、室内練習場などに適している。在来工法より納期短縮や低コストが期待できるのがメリット。

標準プランは延べ床面積が1410平方メートル。大和リースは2022年度に100億円を販売したい考え。


(いずれも大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事